ホームページのごあいさつ

「スクラップブック」のページに冬季アジア大会の採火式について。そこでの男の子の服装に興味をもちました。小公子の話も、ここへ一緒にしました。なんだかすぐにネタ切れになりそうで心配。
(この記事は19日の日記に掲載)

それから表紙のスページの下半分に、ちょっと大人っぽいホームページについてのごあいさつのようなものを書きました。
(※ その後、短いものに変更したので、このときのものを以下に残しておきます)

「 ようこそ、鳩子のページへ
 鳩子のページは、あたし自身の記念のために作りました。見てくれる人がいるのだろうかという心配もありますが、あたしと同じような境遇で素敵な人生の足跡を記録されている人たちのことを知って、あたしも勇気づけられましたので、小さなホームページですけれど、ほっとしたり、楽しめたり、ひまつぶしになったり、そんなふうに見てくれる人もいるかもしれないと思って作りました。
 あたしは本物の女性ではありません。架空の女性のようなところがあります。なんだかよくわからなくて、本当の自分って何なのか、考えこんでしまうことがあります。「自分探しの旅」なんていえるような年齢ではもうないのですけれど、お化粧をしたりするたびに感じるそんな自分自身への不思議な体験を、これからも楽しんでゆきたいと思っています。
 あたしは古い写真をとても大切にしています。鳩子のページには10年以上も前の写真もまじっているのですが、実物を見たらちょっと違ってたなんて誤解のないようにしないといけないかもしれませんね。そのほかいろいろと少しづつ更新してゆく予定です。 2003.4 鳩子 」

Trackbacks

コメント

< HP更新とホームページミックス | top | 2003年1月冬季アジア大会の採火式 >