『闇のユートピア』

「読書の秋」してます。松田修著『闇のユートピア』(新潮社)を図書館で借りてきて、読み始めたのですが、すごく感動です。この本は絶対おすすめです。トランスというのは、心理学でも医学でもなくて、美意識の問題だったのですね。あとで「読書の楽しみ」コーナーで取り上げることになると思います。
更新 アルバム2〜「鏡の国の鳩子」を追加。

Trackbacks

コメント

< 『百万人のお尻学』 | top | 幕末のアンドロギュノス >